注入治療・点滴(美容皮膚科)

ビタミン美白注射(ニンニク注射)

ビタミンB1.2.6.、ビタミンC、グルタチオン

・このような方へ

・疲れが取れない
・身体がだるい
・風邪をひきやすい

・ビタミン美白注射について

アリナミン(ビタミンB1)を主成分とした栄養点滴です。ビタミンB1は体内で糖質を分解し、脳や体が必要なエネルギーを産生する役割を果たしています。ビタミンB1が不足すると疲労やだるさなどの症状が現れます。
ビタミン美白注射は直接血管にビタミンB1を投与するため、血中濃度を高め、即効性があり、疲労回復・倦怠感の回復に効果があります。
またビタミンCも配合されており、しみの原因であるメラニンの生成抑制による美白効果も期待できます。

料金

プラセンタ注射(1A) 1本 ¥2,200
白玉注射(1A) 1本 ¥2,200
ビタミン注射 1本 ¥6,600
肝斑注射 1本 ¥6,600
ダイエット注射 1本 ¥6,600
二日酔い注射 1本 ¥8,800
ビタミン美白注射 1本 ¥8,800
スペシャル注射 1本 ¥11,000
高濃度VitC点滴ハーフ(12.5mg)0.5瓶 1本 ¥14,000
高濃度VitC点滴(25mg)1.0瓶 1本 ¥16,000

二日酔い注射

・成分

ビタミンB1.2.6.、ビタミンC、グリチルリチン酸

・このような方へ

・毎日飲酒している方
・二日酔いをすぐに治したい方
・二日酔いの予防をしたい

・二日酔い注射について

二日酔いの原因はアルコールの分解酵素「アセトアルデヒト」が代謝能力を超えたときに引き起こされる症状です。グリチルリチン酸が配合された二日酔い注射を投与することで肝臓の解毒作用を助け、アルコールの代謝を促進します。

スペシャル注射

・成分

ビタミンB1.2.6.、ビタミンC、グリチルリチン酸、グルタチオン、レミゲン、α―リポ酸

・このような方へ

疲労回復、美白・美肌、二日酔い、ダイエット効果等

・スペシャル注射について

疲労回復、美白・美肌、二日酔い、ダイエット効果等、総合的な悩みに効く全部入りの注射です。

プラセンタ

・このような方へ

・くすみやしわが気になる
・肌荒れが治らない
・手足が冷たい
・貧血や頭痛がある
・体がだるい

・プラセンタについて

プラセンタは英語で胎盤を意味します。
胎盤にはおなかの中の赤ちゃんを育て上げるのに必要な栄養素と成長因子が豊富に含まれています。成長因子は細胞の動きを活発にし細胞分裂を促す働きをするため、体内の自然治癒力が高まり肌や体内のエイジングケアに効果があります。
当院では厚生労働省で承認されているラエンネックを使用致します。

白玉注射

・このような方へ

・シミや肝斑、肌のくすみが気になる
・美白になりたい
・肌の老化が気になる
・飲酒の機会が多い

・白玉注射について

白玉点滴の主成分であるグルタチオンは、高い解毒作用と抗酸化作用があり、大きく分けると「肌の悩み」と「肝臓機能」の2つに効果が期待できます。
おおくの病気や老化の原因といわれる活性酸素の発生やその働きを抑制する抗酸化物質は、体内で生成されています。抗酸化物質の働きは20代をピークにし、徐々に低下して40代を過ぎると急激に低下するといわれています。
活性酸素の増える原因としてストレスや喫煙、飲酒、紫外線等があり、生活習慣を正すことも予防の1つですが、抗酸化物質を意識的に作り出すことが老化予防への近道となります。
また肝臓の解毒作用が高まることで二日酔いの解消や肝機能の改善にも効果があります。

高濃度ビタミンC注射

・このような方へ

・シミや肝斑、肌のくすみが気になる
・美白になりたい
・風邪気味、疲れやだるさがある
・免疫を強化したい
・抗酸化作用で生活習慣病や老化を予防したい
・がん予防

・高濃度ビタミンC注射について

高濃度ビタミンC点滴は高濃度のビタミンCを直接血管に投与することができるため、短時間で全身に行きわたり、血中濃度をあげ、細胞の活性化による効果を促進することが可能です。
サプリメントや内服による摂取も可能ですが、ビタミンCは水溶性のため、経口摂取してもほとんどが尿から排泄されてしまい、体に吸収される量はわずかとなります。
高濃度ビタミンC点滴はメラニンの生成抑制による高い美白効果や、繊維芽細胞の働きを高めコラーゲン生成を促進することによる、肌のハリや艶、また抗酸化作用によるアンチエイジングへの効果が期待できます。また美容面のみでなく、がんの予防や免疫力向上、生活習慣病の予防等、健康面への効果も期待できます。ビタミンCは人の体内では生成することが出来ませんので、積極的に摂取していく必要があります。

※25㎎以上の高濃度ビタミンC点滴を受けられる方は、G6PD欠損症の検査が必要となります。
G6PD欠損症とは赤血球にあるG6PDという酵素の欠損により溶血が起こる病気です。
ビタミンCの大量投与により溶血性貧血を起こす可能性がございますので、25mg以上の投与をご希望の方は 安全な投与を行うために採血検査を行います。
初回、当日に高濃度ビタミンC点滴の投与をご希望の方は12.5mgの点滴と採血を行い、後日採血結果を確認後、25㎎投与可能か判断致します。
初回から25mgで投与したい場合は、当日は採血検査のみを受けていただき、後日来院していただいた際に高濃度ビタミンCの初回投与となります。